2014年07月09日

キンドルを手にいれたよ

 前々から気になっていたキンドル・ペーパーホワイトを入手。確かに読みやすいし、本の購入も簡単。よくできてるなー。ただで読める本もたくさんあるので、しばらく楽しめそう。
 しかし漫画をキンドルで読むのは、老眼の目にはきついと感じた。ハズキルーペをかけて読んでいる。表示エリアは文庫本サイズだから、漫画をよむならもっと大きな画面サイズがほしい。
 キンドルは軽いのが売りの一つなんだけど、文庫本よりは重たい。読みやすさも文庫本のほうが上だろうな。そう考えると、紙の本がもっているユーザーインターフェイスは大変優れたものだ。あまりに当たり前なことだけど。
 それでキンドルで最初に買った本が聖書。200円で買えて読み応えは抜群。分厚い本を持ち歩く必要はないし、文字サイズも変えられ読みやすい。聖書はキンドルで読むメリットが大きい。
 新しいデバイスを手にいれると、どうしてもあれこれと中身をいじくりたくなってしまうもので、さっそくキンドル本の作り方や、キンドルアプリの作り方をリサーチしている。キンドルで動くJavaアプリが作れるらしいんだよね。もうちょっと先の話だけど。
 「それよりスマフォでアプリ作ったほうが儲かるよ」なんて声が聞こえてくるんだけど、スマフォのあの小さな画面は老眼にはきついのよ。だもんでもつ気がしない。毎月バカ高い料金を請求されるのもうっとうしい。キンドルに維持費はかからないのがいい。

投稿者: 大澤義孝  | コンピュータ