2015年04月30日

横浜名物はシウマイ弁当

 こだまの割安チケットで大阪へ。新幹線の各停で三時間四十五分かかる。しかし私が昔、東京に出てきたころの新幹線は東京・新大阪間がひかりで三時間半だったから、ずいぶん向上したとはいえる。ぜんぜんゆれなくもなった。昔はきもちわるくなるくらいゆれた。
 急ぐ旅ではないので時間は多少かかっても安い方がいいという選択をしたけど、新幹線ってもっと安くできないのかしら。便利・快適・速い……高い以外は文句はないのだが。
 うわさみたいなものだけど、新幹線運賃の原価はものすごく安いらしい。十数両編成で千人以上乗れる新幹線だが、お客が数人乗れば元がとれるという。(いくらなんでも少なすぎるような……数十人くらいかな?)

 しかし新幹線が今の半値くらいになったら、高速バスが廃業になるかもな。きっと大勢が路頭にまよう。廃棄するだけの売れ残り弁当でも1円で売るわけにはいかないとか、いろいろと大人の事情でものの値段は決まっているのだ。などといったことをビール片手に考えていた。
 うとうとして目がさめた。まだ旅半ば。そろそろ名古屋につくはず。乗り込む前に買っておいた崎陽軒のシウマイ弁当を食べる。横浜土産にはならないけど横浜名物はこれで決まり。シウマイ弁当は横浜名物としてキャラが立っている。横浜市民として横浜名物の食べ物をあげるとすれば、私はシウマイ弁当がオススメ。

 中身はシウマイ、唐揚げ、まぐろの焼き物、タケノコ、卵焼き、かまぼこ、ショウガ昆布、梅干し、杏の甘いやつ(これはデザート)。ごま塩のかかったモチモチしたごはん。
 めずらしい材料が使われているのでもないけど、さめていてもおいしくいただける、飽きのこない味付け、湿気を調節する木製の折り箱入り、食べ終わったあとの満足感、駅弁としてのバランスのよさが絶妙、駅弁としての完成の域に達した芸術品のお弁当。駅弁は旅情も大事なスパイスだからして、走ってる車内で食べることが大切。それによりこの弁当は完全となる。横浜に来たときはぜひどうぞ。
投稿者: 大澤義孝  | 食べもの