2015年05月31日

関内のラーメン二郎

 ラーメン二郎を最後に食べたのは、まだ目黒に住んでいたころで、今から十年以上前のことだ。当時も並ばないと入れない店だった。記憶ではチャーシューはいまいちだけど、スープはコンソメ風味でなかなかおいしいラーメンだと記憶していた。しかしこの記憶、かなりいいかげんなものだったみたいだ。
 ひさしぶりに食べたくなって、関内の二郎に足を伸ばした。30分並らばされたあと食券を買う。大と小のサイズがあり、もちろん『小サイズ』を買う。ついでに味たまごもつける。そして出てきたラーメンを食べ始めた。もやしがてんこ盛りで、それがちょうどよいゆで加減でおいしい。もやしをほぼたいらげて麺を食べ始めた。すると食べても食べても麺がなくならない。ラーメン鉢の底から麺が湧いてるんじゃないかと思えるほど、いくら食ってもなくならない。しまいに味なんかどうでもよくなって、次々と湧いてくる麺を負けじと食べ続けるんだけどなんでだろ、麺が無くならないんだw。
 私はどんな飯屋に入っても残すことはめったに無いんだけど、今日の二郎ラーメンは完食できなかった。歳を感じた。昼に食ってもう夕食時もすぎたけど未だにおなかいっぱい。今から思い返すと、行列にならんでいた大半が学生っぽい若い人々だった。そういう人向けのラーメンなんだろうな。
投稿者: 大澤義孝  | 食べもの