2015年06月20日

富士宮焼きそばを食べてみた

 B級ご当地グルメで話題になった富士宮焼きそばをお取り寄せ。なんでこれを頼んだかというと、薬酒について調べていくうちにこれがたまたま目にとまり、私のうまいものアンテナが反応したのだった。
 マルモ食品社の富士宮焼きそばセットは、麺、ソース、青のり+だし粉、肉かすがワンセットになっている。だし粉というのは魚粉。イワシの粉らしい。肉かすは別名「焼きそばの友」といい豚肉からラードを搾り取ったあとに残った肉のかすをこまかく刻んだもの。フライパンで肉かすを炒めると、油とうまみと香りがしみ出して焼きそばがおいしくなる。肉かすもマルモ食品の焼きそば麺も(静岡県)富士宮市では普通に販売されているらしいけど横浜では見かけない。
 作り方は普通のソース焼きそばと同じ。大さじ1杯ほどの肉かすを最初に炒めて油を出してから、キャベツなどの野菜を入れ、麺を入れ、湯を少しさして湯気をたてて蒸し焼きにして、最後にソースをからめる。
 食べる前は肉かすやだし粉やソースが富士宮焼きそばの個性を作るのだろうと思っていたが、それらはほとんど関係はないようだ。肉かすがなくても豚肉があれば充分だし、ソースも他社とにたようなもの。ただし肉かすは、冷蔵庫に肉がないときにささやかな幸せをもたらしてくれる。キャベツとこの焼きそばセットがあればいい。
 富士宮焼きそばの特徴は平たいコシのある麺にあった。この麺がとてもおいしい。袋から出したばかりだとひからびかけているように見えるけど、フライパンの中で蒸されるといい感じに化ける。
 近所のスーパーでこの麺が売られていたら他社の焼きそばよりこれを買うと思う。だけど送料込みの焼きそばセット5食分のお取り寄せ価格は一食あたり384円。○ちゃん焼きそば3人前セットが300円弱だからこの割高感はかなりのもの。しかし富士宮市のスーパーで買えば○ちゃんと同じくらいの価格で買えるのだろうな。富士宮市に出向いたときに、その地で食べるのが正しいのだと思う。送料払って何度もリピするほどの魅力はないけど、一度くらいは食べてみる価値はあるよ。
投稿者: 大澤義孝  | 食べもの