2015年07月21日

ウニクムという薬酒

unicum_szilva.jpg
 ハンガリーに先祖捜しの旅をした方からいただいたおみやげで「ウニクム」というお酒。1790年、皇帝ヨーゼフ二世の健康のために献上された薬酒で40種類以上のハーブがブレンドされている。ヨーゼフ二世はマリーアントワネットの兄。ヨーゼフ二世は一口飲んで「ユニークだ」といったそうで、それがこの酒の名前の由来だという。
 このウニクムはオリジナルのものではなく、プラムが追加されているUNICUM SZILVAで、日本ではめずらしい品。緑色のボトルにはオークの樽とプラムが描かれている。
 いただいたその場で封を切り(喫茶店だったけどはばかりもなくw)、グラスにちろりとついでカンパイした。
 濃い茶褐色の液体で、薬草とカラメルの苦味が効いていて、加えてかなり甘い味で、養命酒や周公百歳酒にも通じる薬酒の香りだけど、漢方薬酒のそれとは少しちがってフルーティな香りとハーブの香りがミックスされた感じ。しかしたくさんの薬草をブレンドした薬酒は、東西を問わず、ある種、似たような味と香りになっていく傾向があるようだ。やっぱり似ている。
 そのまま飲んでもおいしいけど、苦甘く香り強く濃厚な味なので、バニラアイスにかけて食べるとよさそうだ。
 それからもう一つ、商品として売られているお酒はやっぱりおいしいです。さすがにホームメイドの酒とは一線を画するものがある。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | 健康酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。