2015年08月08日

激辛料理は思考を止める

P1040498.JPG
 ブログっていうのは一度更新をさぼると、そのまま長いこと放置してしまう。「わざわざ書くほどのことでもないなぁ」とためらうのは禁物で、思いついたネタは即座に反映していくのがいいようだ。
 昨日は、大桟橋の出し物で連れの知りあいが唄を歌うというので見に行ったのだけど、いろいろあって結局見そびれてしまった。とびきり蒸し暑い日の無駄足にイライラ。このまま帰るのもばからしいので、中華街で食事することにした。
 四川料理の店「杜記」に入った。「牛もつの五目煮込み」を食べた。牛すじ、ハチノス、白身魚、スパムミートなどが、豆板醤が大量に入ってそうなピリ辛スープで煮込んである。底にはモヤシやキュウリなど野菜も入っている。写真を見ての通りぶつ切りのトウガラシが大量に入っていて冗談抜きでヤバイ辛さ。
 最初の二口くらいまではおいしかったが、あとはなんかよくわからない。頭の中は辛い/うまい/辛い/うまいの無限ループで、ほかのことはなにも考えられなくなった。食べ終わったあと、「酒に酔ったような気がする、あの料理に酒が入っていたのかな?」と連れに言ったら「あんたビール飲んでたじゃない」と言われた。ビールを飲んでいたことを忘れていて、辛さを消す水を飲んでるつもりになっていた。大桟橋での空振りのこともきれいに忘れていた。
 頭を殴られるくらいの激辛料理は思考を止めてしまう効能があるみたいだ。嫌なことも食ってると忘れてしまう。ストレス解消になる。
投稿者: 大澤義孝  | 食べもの