2019年12月24日

千林商店街が衰退していた

 一週間ほど大阪に帰省していた。
 大阪は横浜より自転車にのってる人の数がずっと多い。路駐の自転車の数はぱっと見だけで3倍くらいはある。しかし、電動アシスト自転車はほとんどみかけない。変速機のついた自転車すらほとんどみかけない。市内は平坦で坂がほとんどないのであまり必要とされないらしい。
 千林商店街に行ったら、あちこちに閉店の張り紙が出ていて、歯抜けの商店街になっている。一昨年はまだこんなになってなかったと思うのだが、今年になって閉店が続いたようす。
 テレビなどのニュースでは景気がいいふりをしているけど、肌身で感じる景気は落ち込んでいく一方だな。横浜も個人商店はばたばた閉店していってるし。オリンピック前でこれだから、終わった後はどうなるのやら。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。