2020年12月18日

アマテルの新バージョンをリリースしました

 アマテルの新バージョン2.0.5をリリースしました。アマテルが起動しなくなった原因は、エニアグラムカレンダーの暦辞書ファイルの有効期限が切れたからでした。ミチテルの暦辞書もこのまえ期限切れになりましたが、「まだ他の機能は動くしめんどくさいからまあいいか」と放置していたのですが、とうとうアマテル本体も起動しなくなってしまったので、重たい腰を上げたというわけです。今回、暦辞書の範囲を拡張して2040年まで使えるようにしました。他に変更したところはないです。
 インストールのとき、すでにアマテルをインストール済みの方は「天文歴をインストールしない」にチェックを入れておくとスムースに事が運ぶはずです。新規インストールの方は、そのまま普通にインストールしてください。

 アマテルの今後も考えないといかんですね。私自身もアマテルをこれからも使い続けるだろうとは思うのですが、自分のニーズとしては今程度の機能があれば充分と思っていて、新機能(たとえばハーモとかヘリオセントリックとか)を実装するほどのモチベーションが無いんです。まあ、本気になったらすぐにできると思うけど、そしてそういうふうにアマテルを設計したのですが、いかんせんモチベがない。
 アマテルのソースをGitHubに移して公開プロジェクトにして、あとは好きにやってくれというのもありかと思ったり、思わなかったり。

 「売り物にしてはどうか」という話がこれまでに何度か来たことがあるのですが、使用しているAPIのライセンスの問題があって、それはある程度のお金を払えば解決することなのだけど、売り物にするにはもはや時代遅れのアマテルのGUIをタブレットにも対応するなどデザインを刷新すると共に、より一層の機能充実を図る必要があって、さらに今後の継続的な販売努力が必要になるわけで、私独りでそれをするのには荷が重いし、占星術へのモチベを失っているので、そこまでの馬力は出せそうにないのです。

 モチベを上げるために、寄付金をいただくというのもありかなぁと思ったりもします。アマテルはGPLライセンスに従っていますが、これはソフトウェアを売ることを禁じているけど寄付を求めることは推奨しています。数年前に見ず知らずの方からメールで「アマテルを作ってくれてありがとう」と5000円分のアマゾンギフト券を贈って頂いたことがあります。アマテルのリリースが2011年。9年間でただ一人だけです。寄付を求めていなかった時期に自発的に贈ってくださったので大変印象に残っています。まぁ頂いたからといってそのときはなにもしなかったんですが…… (^^;
今回のように、「もうどうでもいいかなぁ……」と思うようになったときに、踏みとどまる理由になることはあると思います。
 今さらなんですけど、どうでしょう?
 いくらでもよいのでアマゾンギフト券を送っていただければ幸いです。これはeメールで送ることができますし自由に金額を指定できます。
キャプチャ.PNG
一度にたくさんいただくより、小分けして毎月とか年に数回とか継続的または断続的に送っていただけると嬉しいです。なぜならば、今回アマテルが動かなくなって焦った方、今も焦っている方、たくさんいらっしゃるはずで、申し訳なくおもうのですが、問題が無かった9年間は実に静かなもので、こっちも本の執筆に没頭してアマテルのことは忘れていました。外部からの刺激がなければ忘れてしまうのです。ユーザ様からのリアクションは回数が多いほど、アマテルのことを忘れずに済むというわけです。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。