2012年01月18日

安納芋(アンノウイモ)の石焼き芋

 夕刻になると近所にリヤカーで石焼き芋屋さんがくる。でも石焼き芋とは書いてなくて安納芋という看板をあげている。どんなものか見せてもらうと、ニワトリの卵の半分くらいの大きさの芋。ネットで調べてみると安納芋はサツマイモの仲間で種子島特産。10個で500円。おいしそうだったので買ってみた。皮ごとたべるのがいいという。めちゃくちゃうまかった。
 サツマイモとしては信じられないほど甘く、ねっとりした食感で、こげめの燻味も香ばしい。
 焼き芋屋さんに聞くと、農家で小さすぎてはねものになるものを安くゆずってもらって焼いているという。

 スーパーに行くとサツマイモコーナーに安納芋がならんでいた。1個200円で他の芋と比べると、かなり割高感があるのだけど、焼き芋屋さんのとくらべると何倍も大きい。こぶし二つ分くらいある。そんでこの芋で焼き芋を作ってみることにした。
 ネットで調べてみると、ヤカンや土鍋に小石をひいて石油ストーブやガスコンロで焼くのが一番よさそうなのだけど、空だきしてよい鍋も小石も手元にはないし、あまりお金をかける気にもなれなかったので、オーブンを使うことにした。

 焼き芋用の表面が黒いアルミホイルなるものがあり、2メートルで200円とかなり高いのだけど、効果抜群ということなのでこれを使うことにした。芋も洗ってぬれたままホイルでくるみ、オーブンにほりこむ。
時間は適当だけど250℃で20分。200℃に下げて50分。途中で一度、芋の上下をひっくりかえす。普通の銀色ホイルだともっと時間がかかり1.5時間くらいかと思う。

 タテに真っ二つに切ってみたが、ちゃんと芯まで火が通り、栗きんとん状になっている。食べてみるとまちがいなく安納芋の焼き芋になっているし、買った焼き芋と同じかそれ以上に甘い。90点をあげてもいい。
 ただし焦げ目があまりついてなくて燻味に乏しい。石焼き芋特有の、焦げ目も味を決める重要な要素だったりする。仕上げに再びオーブンの火力をあげて焦げ目をつけたほうがよいのかも。もうちょっと実験が必要だな。
投稿者: 大澤義孝  | 食べもの