2012年03月15日

大阪市内雑感

 大阪の町は住宅も店も密集している。建物は長屋作りが多くて、隣の建物との間に隙間はほとんどない。密集して店などがコンパクトにまとまっているので、移動手段は徒歩でことたりることが多い。横浜では私は毎日のように二駅間を散歩するけど、大阪京阪線だと四駅分くらいに相当するかも。

 ところが大阪はなぜかみな自転車に乗る。自転車の数はとても多く駐輪場も多数。なんでこんな近場で自転車に乗るのかと思ってしまうけど、私も大阪にいたときは自転車にのっていた。大阪の友人によると自転車好きは どうやら大阪人の気性らしい。セカセカしているというか。それと大阪の鉄道は初乗りが200円で少々高い。(そのかわり遠くまで乗っても料金の上昇は緩慢。2−3駅を電車に乗るくらいなら、自転車のほうがお得ってことか。
 大阪の道は三叉路、五叉路が多く、葉脈の編み目のようになっていて複雑。車の多い大通りをさけ裏道を歩いていると、あさっての方向にそれて迷子になったりする。電車代をけちって自転車で遠乗りしたはいいが、迷子になって困ったりする。

 町はどこかすすけている印象がある。ナニワ金融道で強調して描かれる町の風景のようにすすけている。だけど町はずいぶんきれいになっていて、実際にはすすけてないんだけど、やっぱりすすけて見える。これはオーラに属する印象だけど、ひらたくいえばほこりっぽいのかも。大阪の友人はすすけているという私の意見には同意しなかった。
 大阪から東京に移住して、しばらく住んでもどるとそう感じると思う。ナニ金の作者も大阪で暮らし関東圏で漫画家してたわけで、はなれると見えてくるものだと思う。

 大阪中心部は緑が少ない。関東圏にくらべるとほんとに少ない。川の護岸は鉄板でガードされていて、自然は死んでいる。昔は工場がたくさんあったが、今はあまり残っていない。ガキのころ、高校のそばを流れていたドブ川は七色に色がかわった。(それって日野日出志?)

 外食は関東圏より100円から200円安くあがる。んでも、値段設定がロープライスというだけで中身は値段相応かなあ。しかし自炊が面倒な一時滞在ではありがたい。大衆食堂もよく目にする。毎日の普通のごはんメニューを提供してくれるし安い。
 あ、それから雰囲気のよい喫茶店が多いのがよい。

 人は腹が強く押しが強い。少々粗野かも。お店の店員さんの接客態度はずいぶんおだやかになった。大阪は商店街が発達している。にぎわっているけど、シャッターしまってるところもかなりあり、あまり景気はよくないのかな。商店街にたこ焼き屋がふえたー。なんでこんなにたくさんってくらいある。昔は駄菓子屋の副業とか、民家の小遣い稼ぎのようなものだったのに。大阪のたこ焼きは安くておいしい。関東圏はぼったくり。

 公共施設のバリアフリーも完備されつつあるが、まだ少し遅れてる。
投稿者: 大澤義孝  | 日記