2012年03月18日

横浜に戻った

 旅費がかさむのでものは試しと帰路はバスにしてみた。新幹線の半値以下で済むけど時間は三倍くらいかかる。そんでも特急バスの座席シートは新幹線よりすこし大きめだし、リクライニングも効くので、ねっころがっていられる。途中で三回、サービスエリアで休息もある。山の中のSAだと空気もよくて気持ちいい。いそぎの旅でなければ、なかなかよいのではなかろうか。とはいえ9時間もかかると疲れる。渋滞にあうともっと時間がかかるはず。しかし家族旅行なら交通費が半値はお値打ち価格かも。浮いた分を宿や食事にまわしたほうが幸せ感は高そう。

 30人ほど乗せて6000円で大阪・横浜と運んで儲けが出るわけだと、これに対して新幹線の原価ってどれくらいなんだろうか。設備投資は大きいけど、一回に1300人以上も運べるし、ひまなときはがら空きだけど、それでも赤字にはならないように設定してありそうだ。新幹線は利便性や快適性で大きなアドバンテージがあるけど、原価で見ればぼったくりかもしれない。

 横浜に戻ってきて最初に感じたのは空気。空気が新鮮なのはちょっと意外だった。人は多いけど街も地下街も道路が広くゆったりしている。街がめちゃくちゃ明るい(これは観光地だからか)。
投稿者: 大澤義孝  | 日記