2018年06月07日

「タロットの謎」という本を出します

 昔、祐天寺タロット研究会のころにやっていたマルセイユ版の謎解きについて書いた本です。
25年もかけてやっと一冊の本にまとめることができました。前作「幽体離脱トレーニングブック」の後から書き始め、5年もかかってしまったけどこれでやっと重荷をおろせた。
 「タロット占い」の本ではないので、お間違えの無いように。「占い方が書いてなかったので☆一つです」なんてレビューは勘弁してちょ。タロット占いのやり方を知りたい人は別の本を当たってください。
 「幽体離脱入門」に書いたけど、五芒星の追儺儀礼で大天使が降りてきて死にかけたあと、不思議とタロットへの感受性が高まってカードが寓意していることが次々とわかるようになったのね。といっても、オカルトや電波やミラクルな話ではなくて、言われてみれば当たり前のようなことなのだけど、言われるまではなかなか気づかないといった性質のもの。気がつくと「あっ、なるほどそういうことか」と誰でも手を打つようなこと。

 タロットってどうしてこの順番で並んでいるの?
 全体ではどんなお話になっているの?
 カードとカードがつながってるのは感じる。でも詳しくはわからない。

 タロットが好きな人は、こういう疑問をもったことが必ずあるはず。でもそれを書いてある本ってほとんど無いはず。これまでのタロット本とは一線を画した斬新かつおもしろい本になったと自負しています。作者がそういう本はたいがいマニアックすぎて売れないのかもしれないけど(笑)。ここ一・二年の出版業界の業績悪化はほんとにひどいらしく、本書の出版部数も少なめ。はやめに押さえておくことをおすすめします。↓↓↓↓↓


 本書は目から鱗のタロット紙芝居からはじまります。大変とっつきのよい本です。「あっ、なるほど!」と思った方はこの本と相性抜群。あなたの知りたかったタロットの奥義がここにある。

 タロット本の解説はほとんどの場合、結論だけしか書かれていない。そんで本書はそういうのばっかなのをやめて、極力理由も説明しながら図像を読み解いていきます。

 本書はタロットの構造やカード間の相互関連性について解き明かしたあとで、様々な物語の中にタロットの構造が息づいていることを説明します。たとえば、聖書とタロットは密接に関連しています。かなりのページ数を取って詳しく解説しました。
 本書ではヨハネの福音書と出エジプト記が関係していることを解説しています。タロットはなにか一つの絵物語というわけではなく、いろいろな物語の絵物語なのです。

 それと、幽体離脱にもからめて、タロットが黙示する死後世界や輪廻転生、死んだらどうなるの的なことについても切り込んでいます。もちろん死後のことは、たとえ幽体離脱したところでわからないとしか言えないのだけど、世界中に伝わる死後観の神話・伝承と幽体離脱体験とタロットと重なることで見えてくるものもあるのです。
 タロットには西洋的な思想と東洋的な思想、両方がほのめかされているのです。

投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | タロット

2018年05月01日

ムーンボイド予報も刷新

ボイドの種類(星座)ごとに、お告げが出るようになった。また、ボイドは誕生星座ごとに効き方が違うので、星座別のアドバイスも追加。技術評論社から出ているムーンダイアリー(ムーンボイドを記した手帖。私がデータ提供させいいただいています)も今年で何年目だっけ。10年は軽く超えている。ボイド予報と手帖のセットで末永くご活用ください。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | 占星術

2018年04月30日

タロットおみくじを刷新

 タロットおみくじをモバイルフレンドリー(笑)なやつに作り直した。これからもお楽しみください。
 プログラムは96年からバージョンアップを繰り返しているのだが、今回やっとそつなく動作するものになったとような気がする。ワンオラクルの占いサービスを作るのに、難しいところなどなかろうにと思われるかもしれないが、ブラウザ上で動くプログラムというのは、色々と不安定だったりめんどくさい問題を含んでいてそれらをすべて解決しようとすると、予想外に苦労するのだった。ただ動くだけでいいというのならとても簡単なのだが。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | タロット

2018年04月15日

モバイルフレンドリーなサイト

 グーグル先生に「あんたのサイトはモバイルフレンドリーじゃない」と言われた。私はいまだにガラケーでスマフォもってないからほったらかしていた。老眼にはスマフォは魅力のないアイテムなんだ。しかし今は、スマフォからのアクセスがPCより多いと言われるし、近いうちに本が出る予定だし、そうなればアクセス数もふえるだろうから、無視もできないわな。手があいてる今のうちになんとかしようと、作業をはじめた。サイトの全面更新は五年ぶりくらいか。Webページ開発事情もだいぶ変わっていて、一週間前には時代遅れを晒してしまった。そんで急きょ、jQueryとかBootstrapのことを調べはじめた。たしかにゼロからゴリゴリ書いていくより楽な感じはする。
投稿者: 大澤義孝  | コメント(0)  | 日記

2018年04月11日

最初からやりなおし

ホムペの更新が終わりかけたところで、Webデザインが時代遅れだったことに気づいた。
もういっぺん作り直す。
投稿者: 大澤義孝  | 日記

2018年04月09日

本も書き上がって

 長いこと放置していたホムペをてこ入れ中。幽体離脱入門のページを作り直した。HTMLやCSSがずいぶん進歩しているけど、めんどくさいのはあいかわらずだな。ブラウザを別のにしたらレイアウトが崩れているとか、キャッシュが悪さするとか、当たり前のことをするのにも曲芸みたいなことをしないとだめという。何度も何度も試行錯誤の繰り返し。そこは何年たっても変わらないんだということを知った。端末の種類も無数に増えて、それらすべてをカバーするように作るなんてやってらんない。一人の手にはあまる。
 プログラミングとちがって不確定要素が多い。機種の違い、ブラウザの違い、プラットフォームの違いなど、ある条件では正解でも、別の条件ではバツになるけどエラーも出ない。まあこんなもんでいいかで手を打って完成となる。達成感がわかない作業。
投稿者: 大澤義孝  | 日記

2018年01月13日

アニメキャラの美少女はアイボなのだ

アニキャラの美少女ってアイボなんだよ。
人工的につくられた生ける偶像。
本当に生きているわけでは無いけど、声をあてたり動かしたりしてあたかも生きているかのようにみせている。
アイボは犬のようなふるまいをするロボット。
アニメの少女も、その形に期待される振る舞いをする2Dのロボット。
どちらも記号の組合わせだけでできている。
偽物といえば偽物だけど、偽物のほうが都合がよいことも多々あるんだよね。
ときには本物のラーメンよりカップ麵が好まれるように、
投稿者: 大澤義孝  | 日記

2017年12月31日

2017年初で最後の更新

 ホムペの更新ほったらかしだったけど、一応2017年のうちに一度くらいは投稿しておこう。
 これから人口は減る一方というのに、町には新しいマンションが次々とできていく。税金対策と聞いたことがあるけど……。入居者はほとんどいない。そのうち外国人労働者がわんさかやってきて住むようになるのかな。
 景気は回復傾向にあるなどとニュースでは聞くけれど、商店が次々と閉店していくんだよな。あーまた消えたって……。そしてしばらくすると更地になって、マンションになるか、コンビニやマイバスケットができる。こんなにたくさんコンビニ作ってどーするって思うけど、ほかによい手も無いってことか。
 そのうち、ほとんどの店がなくなって、アマゾンのロボット配送車だけが走りまわっているような町になってしまうのかなあ。
投稿者: 大澤義孝  | 日記

2016年09月30日

シン・ゴジラ

 シン・ゴジラを観にいった。初代ゴジラを観て育ったおやじ世代にはたまらなくツボにはまる大人のためのゴジラ。子供のために作られているという印象はまったく受けない。観客も自分と同じおやじ連中がほとんどだった。
 福島第一原発事故のときのちょっとまぬけな政府の風刺になっていて、それがこの映画のおもしろいところだと思うのだけど、海外ではえらく不人気らしい。311と福一の惨事を知ってる日本人でないとよくわからないのかもしれない。
 ところで社会風刺映画といえるような作品を長く見てなかったように思う。ここしばらく作られていなかったのではないかな。伊丹十三の映画は風刺が効いていて面白かった。マルサの女とか。ミンボーの女とか。伊丹十三が短命だったのが惜しまれる。
 最近は全世界でヒットする作品を作ろうとする傾向があるように思うんだけど、そういう映画は最大公約的に広く共感されやすい無難な線を突いたおはなしになりがち。子供向けなら男女の体が入れ替わったとか、使い古されたネタを焼き直ししてりゃいいとしても(はじめて見ればそういう話も面白いよもちろん)、そういうのを何度も見せられてきたおやじやばばあには退屈だったりする。
 シンゴジは怪獣映画だけど、今までのそれとはかなり趣が違って、日本社会への怒りを表明するかのような毒気を含んだ作品で実におもしろかった。

投稿者: 大澤義孝  | 日記

2016年08月28日

寒卵酒ふたたび

 今年の1月の終わりに寒卵酒を仕込んだ。前回は少量生産だったが今回は標準量で。このとき鈴卵というちょっと上等な卵を使った。普通の卵より色が濃く、仕込んだ寒卵酒は濃いオレンジ色をしていた。気温が低いときは分離していたが、4月になると分離は消えて均質になりクリーム色に変化した。味見をするとまだアルコールのカドが取れていない。6月に味見したときは、前よりはカドがとれたがまだもう少し。たまごの生臭さも少しある。昨日味見するとカドも取れ生臭さも感じなかった。寒卵酒の熟成には6ヶ月ではまだ少し足りず8ヶ月目からが飲み頃らしい。
 高級卵で造った寒卵酒はおいしくなるのかどうかは分からなかった。普通の卵でつくったものと比べでもしないかぎりわからないだろう。普通の卵で造った寒卵酒はとっくに飲んでしまって残ってない。普通のたまごでつくったので充分ではないかな。できるだけ新しいたまごをでつくることが重要かもしれない。
 この日、今年仕込んだ梅酒の味見もしたのだが、寒卵酒というのはうまみを味わう酒だと思った。梅酒はもちろん酸味と香りを楽しむ酒。寒卵酒にはたまごのうまみと卵油のまったりした味わいがある。バニラアイスにかけてたべるのもおいしい。
 果実酒はみんな甘酸っぱい味と相場は決まっているし、梅酒があれば他の果実酒はつくらなくてもいいと思えるんだけど、寒卵酒は果実酒とはまったく別方向なので造る気になれる。
投稿者: 大澤義孝  | 健康酒